【日焼け止めサプリ】安全性と効果視点で論文をもとにランキング化!

インナーパラソル

 

日焼け止めサプリ成分徹底比較

日焼け止めサプリランキング

インナーパラソル16200

インナーパラソルは、ニュートロックスサン250mg配合でコスパ大!
インナーパラソルは、成分配合量が明確!
インナーパラソルは、GMP認定だから安心!

インナーパラソルは、1袋でニュートロックスサンの推奨量である250mgを毎日摂取できる数少ないサプリの一つです。他のサプリとの決定的な違いは、他の日焼け止め成分や美容・美白成分配合量が明確になっている点です。ファーンブロックと違い、副作用がほとんどないのがオススメの理由です。

インナーパラソル
雪肌ドロップ

雪肌ドロップは、100%オーガニックで安心!
雪肌ドロップは、栄養機能食品の日焼け止めサプリ
雪肌ドロップは、ビタミン・ミネラルが多種配合

雪肌ドロップはオーガニック認証済みのビタミン・ミネラルが多種配合されているのがオススメのポイントです。オーガニックサプリのため、敏感肌の人も安心して飲むことができます。

雪肌ドロップ
ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは、90日間全額返金保証だから安心
ホワイトヴェールは、栄養機能食品の日焼け止めサプリ
ホワイトヴェールは、美容・美白を多種配合

ホワイトヴェールは「〇日以上継続してください」という縛りがないことが特徴です。自分の体に合わなかったとき、すぐさま止められるので、金銭的な不安がほとんどないことがオススメの理由です。

ホワイトヴェール

光防護成分徹底比較

 インナーパラソル雪肌ドロップホワイトヴェール
日焼け止め
主成分

ニュートロックスサン
7500mg配合
(1袋/1か月)

ニュートロックスサン
5000mg配合
(1袋/1か月)

ニュートロックスサン
3750mg配合
(1袋/1か月)
日焼け止め
副成分

コプリーノ
1500mg配合

カロテノイド
配合量記載なし

なし

(参考:https://hc-sys.com/project/coprino/

※ヘリオケアやnoUVなど、ファーンブロックを主成分とした日焼け止めサプリは、肌に疾患がある方以外にはオススメしていません。

 

上の表を見ると、ニュートロックスサンの推奨量が毎日しっかり摂取できるのはインナーパラソルのみです。

その他紫外線対策に効果があるコプリーノも配合されているため、インナーパラソルをオススメしています。

美容・美白成分徹底比較

 インナーパラソル雪肌ドロップホワイトヴェール
ビタミンC
3000mg配合

配合量記載なし

配合量記載なし
ビタミンP
3300mg配合

なし

なし
その他
美容・美白成分

パインセラ
900mg配合

混合ハーブエキス
コラーゲン含有食品
植物プラセンタ
ザクロ果汁
ルテイン
マリーゴールド抽出物
リンゴンベリー抽出エキス
ビタミンE含有植物油
全て配合量記載なし

混合ハーブエキス
コラーゲン含有食品
植物プラセンタ
ザクロエキスパウダー
トマトパウダー
クチナシ
L-システイン
全て配合量記載なし

美容・美白成分の種類で見ると劣るものの、成分量が明記されているのはインナーパラソルのみです。

1mgでも配合されていたら、成分配合を記載できてしまうため、種類の多さではなく成分量が明記されているものをオススメしています。

 

日焼け止めサプリおすすめかつ効果の高めの選び方

[日焼け止めサプリ]@コスメで口コミと評価が高いものの成分比較

@コスメでも日焼け止めサプリは口コミと評価などを指標にランキングになっています。一つの参考になるかと思いますので、口コミ数50件以上・評価5.3以上の人気商品を以下に羅列しました。

 インナーパラソルサンタンブロックやかないサプリたいよう小町ヘリオホワイト
主成分
ニュートロックスサン

ニュートロックスサン
PLエキス+ローズマリーレッドオレンジコンプレックスファーンブロック
主成分量
(一日/一袋)
※一月で一袋と想定

250mg

250mg未満
明記されていない-240mg
明記された総成分量
(1袋)

16200mg

7500mg
15900mg-5760mg

関連記事:【インナーパラソルの口コミ】現品購入者は効果を感じているのか

 

日焼け止めサプリを実際に愛用している芸能人とは?

芸能人で日焼け止めサプリを利用している人は多数います。

 

指原 莉乃:noUV

 

おぐねー:ホワイトヴェール

夏はどうしても日焼けしちゃいます☀(笑)
好きなのよね、日焼け
でもちゃんとケアすればシミも防げるのよ
僕の日焼け後の手入れは
日焼けしたら24時間以内にホワイトニングのシートマスクを貼って集中ケア❗
そして海外では当たり前になってきているホワイトニングのサプリ
「飲む日焼け止め」なんて言われているけど紫外線対策サプリなんです

(出典元:ameblo

 

藤本美貴:ポルク

中村里砂:ヘリオケア

※中村里砂ちゃんに関しては、インスタグラムのストーリーに挙げられてました。

その他マギーさんなどのモデルも多数利用されているとのことです。

 

[日焼け止めサプリ]医師などのブログで推されているものは?

医師の方のブログなどを見てみると、

  • ある側面から見てみると、日焼け止めサプリは日焼け止めクリームに代わるようなものではない。
  • 効果がないとは言わないけど、さすがにコスパが悪いです。
  • 当病院では日焼け止めサプリを販売(おすすめ)しています。

など、様々な意見があります。日焼け止めサプリは医師たちだけでなく、「ヒルナンデス」でThe Whiteという日焼け止めサプリが紹介されたり、「ほんまでっかTV」でヘリオケアが取り上げられたり、かなり話題性のあるものです。

 

ヘリオケアなど主成分がファーンブロックの日焼け止めサプリが紹介されたり、病院にて販売されたりしています。

ファーンブロックの、肌疾患に対する効果が大きく医療的に利用されてきたという背景があることが原因にあるのは間違いないでしょう。

 

日焼け止めサプリに求める効果は勘違いされている!

日焼け止めサプリがクリームの代用の効果が得られると思っている方も多いかと思います。

またそういったことが原因で、日焼け止めサプリは悪い口コミをされることがよくあります。

ですが、日焼け止めサプリと日焼け止めクリームでは主な目的が異なります。

 

  • 日焼け止めクリームの目的:紫外線が肌の内部にまで届かないようにする
  • 日焼け止めサプリの目的:紫外線による肌へのダメージを軽減する

 

まず、日焼け止めクリームの「紫外線が肌の内部にまで届かないようにする」ことに関してですが、

一般的に利用されている日焼け止めクリームには2種類あり、1つは物理的に紫外線を拡散させるもの、もう一つは化学的に紫外線を吸収するものがあります。

これにより紫外線が肌の内部に侵入することを防ぎます。

 

 

次に、日焼け止めサプリの「紫外線による肌へのダメージを軽減する」ことに関してですが、肌へのダメージとは主にシミ・しわ・たるみの原因となるものです。

紫外線(UV)にはUVAとUVBの2種類が存在し、それぞれに肌に出る悪影響が少し異なります。

 

紫外線から受けるダメージの指標として下記のものなどがあります。

  • 肌の酸化
  • 肌の赤み
  • 肌の弾力性低下

 

つまり、肌のダメージを軽減することで光老化を軽減し肌を若く保てたり、日焼けによる赤みや色素沈着を予防することができます。

 

光老化とは?
長年日光を浴び続けていると、皮膚のシミやしわ、時には良性、悪性の腫瘍が現れてきます。お年寄りの顔や手の甲にみられるこれらの変化は、一般に加齢による老化と思われがちですが、実は紫外線による慢性傷害の結果であり、光老化は加齢による自然の老化とは異なり、適切な紫外線防御対策により防ぐことができるものです。
(出典元:環境省

関連ページ:日焼け止めサプリの効果で美白・美肌は目指せる?

 

[日焼け止め]飲むサプリで紫外線のダメージを最大限ブロックする

飲む日焼け止めサプリがあれば日焼け止めクリームは必要ないということはありません。もちろん日焼け止めクリームだけでも十分とは言えません。

衣類のこすれや汗ですぐに落ちたりするため、それだけで完璧な対策にはなり得ないです。

 

日焼け止めクリームはよく、「大半の人が推奨量である2mg/㎠のうち、¼程度しか肌につけられておらず、先ほど挙げたその他の要因でも日焼け止めクリームは落ちるため、本来の¼以下の効果しかないのではないか」ということ言われています。

 

しっかり日焼け止めクリームを塗って、最大限肌の内部に紫外線が届かないようにした上で、肌の内部に入ってきた紫外線からのダメージを日焼け止めの飲むサプリで対処するというのが一番理想的です。

日焼け止めサプリの選び方は?

インナーパラソル

現在日焼け止めサプリには、効果が認められている成分がいくつかありますが、その中でも特に研究が進み、効果的だと考えられている成分は2つあります。

1つがニュートロックスサン(Nutroxsun)、1つがファーンブロック(Fernblock)と呼ばれるものです。

この二つに関しては多数実験が行われ、信頼できる論文も多数あります。日焼け止めサプリを選ぶ際主成分がこれら以外の商品はオススメしません。

 

PLエキスとは?

ファーンブロックに関して調べていると、PLエキスという言葉が出てくるかと思いますが、PLエキスのPLは「ダイオウウラボシ」という植物の学名である、Polypodium leucotomosから来ており、ファーンブロックはPLエキスが単体で含まれています。サプリによっては、PLエキス+αで他の日焼け止め成分が含まれていることもあります。

 

ニュートロックスサンとファーンブロックの選び方

ニュートロックスサンとファーンブロックは、大体似通った効果が得られますが、根本的に違う点が一点あります。下の表の結論部分を見てもらえるとわかります。

 ニュートロックスサンファーンブロック
表記NutroxsunFernblock(PLエキス)
効果抗酸化作用抗酸化作用
免疫防御作用免疫防衛作用
細胞DNA保護作用細胞DNA保護作用
しわの深さの減少肝斑治療の補助作用
肌の弾力性の増加肌の弾力性改善
紫外線誘発活性酸素の阻害光線皮膚炎の改善
サプリインナーパラソル・ホワイタス
・ホワイトヴェール・雪肌ドロップ
ヘリオケア・noUV
結論光防護・アンチエイジング光防護・皮膚病改善

(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5868779/

ニュートロックスサンの場合、効果として得られるものは光防護(=光老化の防止と同じ)とアンチエイジングですが、ファーンブロックの場合、光防護と光線皮膚炎などの紫外線アレルギーの改善です。

 

何か皮膚の疾患を持っている場合はファーンブロックをオススメしますが、それ以外の場合はニュートロックスサンをオススメします。

その理由は、ニュートロックスサンはファーンブロックと比べ、公にされている論文内で、しわ・肌の弾力性・脂質過酸化(肌の酸化の指標の一つ)の改善の値が明記されており、こちらの方が効果の信頼性が高いためです。

 ニュートロックスサン対象グループ
しわ13.4%軽減2.2%増加
肌の弾力性5.5%~5.8%の増加0.1%減少
脂質過酸化16.2%~16.4%消滅5.4%増加
最小紅斑量20%増加2.7%増加

(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4931025/

 

最小紅斑量とは?

MED(minimal erythema dose)と呼ばれ、肌が赤くのにどれくらいの紫外線量を要したかを調べる指標です。紫外線照射24時間後に赤さを判定します。この値が高いほど、紫外線を浴びても赤くなりにくいということになります。

※画像はあくまで参考です。

 

日焼け止めサプリで美白になれるのか

日焼け止めサプリの本来の目的とは異なりますが、日焼け止めサプリのほとんどに、美容成分や美白成分などの美肌に保つ成分、ターンオーバーを促す成分が入っています。

 

しかし、サプリメントによっては成分量が明記されていないこともあります。

1mgしか成分が配合されていなかったとしても「成分配合」と言えてしまうため、薬局で買える市販のサプリメントなどを含め、サプリメントを購入する際は成分量をしっかりチェックする必要があります。

 

マツキヨなど、一部の日焼け止めサプリを販売している薬局もありますが、ネット通販でしか購入できないものもあるため、しっかり成分比較を行って購入しましょう。

 

[日焼け止めサプリ]ハワイ旅行には最強の紫外線対策を

シーズン中、沖縄や海外に旅行など行く予定があり、強い紫外線を浴びる機会があるときは、事前の紫外線対策が必須です。

最強の紫外線対策として、日焼け止めサプリを飲みつつも、しっかりSPFの高い日焼け止めクリームを塗り、さらにしっかり服を羽織って、旅行中はカロテノイドが含まれる食べ物を食べ、旅行から帰ってきたら美白点滴を打てば最強の紫外線対策と言えるでしょう。

 

実際に沖縄や海外はどれくらい紫外線が強いのか見ていきましょう。

まず、紫外線量の指標に関してですが、WHOによって、「UV インデックス」という名前によって定められており、それによると下図のように指標が定まっています。

(出典元:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-50uvindex_manual.html

 

それをもとに、日本の都市の紫外線量を比較したものが下記となっています。

日本の紫外線量グラフ(時間別)

ハワイの紫外線量グラフ(月別)

「つくば・那覇」のUVインデックスのグラフの横軸が時間別なのに対し、「ハワイ」のUVインデックスのグラフは月別となっているため、比較対象として全く同じわけではありませんが、沖縄もハワイも相当な紫外線量です。

 

海外旅行の際ですが、日焼け止めサプリを事前に準備できていなくても、最悪現地で購入できることもあるので覚えておくとよいと思います。

 

例えば、ハワイやグアムはアメリカの領土なので、飲む日焼け止めのうちアメリカで市販されているものは購入できる可能性があります。

実際、ハワイで日焼け止めを現地調達する際、ヘリオケアに関してハワイにて購入が可能なようです。

[ヘリオケア]ハワイなら値段はいくら?
サプリ名HELIOCARE
DIETARY SUPPLEMENT
HELIOCARE
ULTRA-D
購入場所ネオプラザティアラ
購入金額税込$38.73$50
いつの情報か2016年夏2016年冬

その他、ハワイでは日焼け止めクリームなどオーガニックのものも購入が可能のようです。

 

日焼け止めサプリで安全性を求めるなら

インナーパラソル

関連ページ:日焼け止めサプリは安全!考えうる副作用のみ把握しよう!

日焼け止めサプリで国産サプリを選ぶ理由は?

日焼け止めサプリで安全性を求める場合、国産サプリがオススメです。

 

日焼け止めサプリで国産サプリを選ぶ理由は大きく分けて二つあります。

一つは、海外製のサプリメントは成分量が必要以上に含まれていることがあるということ。

もう一つは、日本製のサプリメントは国内製造されているため、衛生面などの問題や同工場にて作られている他のサプリメントなどが混入する危険性が限りなく低いためです。

 

「海外製のサプリメントは成分量が必要以上に含まれている」ことに関してですが、有名なHeliocareはファーンブロックの成分量が240mgのものと、480mgの物があります。

 

このファーンブロックの成分量は研究にて7.5mg/kgが基準値として定められており、そのことから考えると、240mgは体重が32kgの人向け、480mgは64kgの人向けであり、どちらも日本で利用者が多いと考えられる女性の平均体重50kg台に合致していません。

 

こういった点を考慮すると少なくとも初めてサプリを飲む方には国産サプリが安心でおすすめです。

 

[日焼け止めサプリ]病院が処方してくれるのはどんなの?成分や値段は?

ここ数年で病院(クリニック)で日焼け止めサプリが処方されるようになりました。主に処方されるのは、ヘリオケアとVlockの2つがメジャーです。

[日焼け止めサプリ]皮膚科処方のまとめ

 ヘリオケアU・Vlock
主成分ファーンブロックニュートロックスサン
値段税込5000円~7000円税込み6500円~7000円
錠剤30錠(1ヶ月分)30錠(1ヶ月分)
保険の適用×(保険適用無し)×(保険適用無し)

 

日焼け止めサプリで子供(小学生)が安全に常用できるものはあるの?

子供が飲んでも問題ないと明記されているサプリメントは現在ほとんどありません。子供向けの日焼け止めサプリとして販売されている中で有名なものは「ヘリオケア フォーキッズ(Heliocare for kids)」です。

 

ただ、ホワイトヴェールをはじめ、問い合わせてみると「問題ない」と回答されることがほとんどです。

お子様に日焼け止めサプリを飲ませる際には、事前にサプリの効果・成分比較などを行った上で、サプリの販売会社に問い合わせて、副作用やアレルギーの危険がないか、飲み方などの注意点を聞いてみるのが一番ですね。

 

日焼け止めサプリでオーガニック(有機)のものはどれ?

市販のものやアイハーブなどの通販を含め、少なくとも有名どころの日焼け止めサプリでオーガニックのものはほとんどありません。

 

ホワイトヴェールなどをオーガニックサプリと記載しているサイトもありますが、オーガニックサプリではありません。

 

どんな商品がオーガニックだと言えるかですが、特徴として日本製だと「有機JASマーク」、アメリカ製だと「USDA ORGANICマーク」がついていると、国からオーガニックであると認定されているということになります。

 

ただしこちらはかなり厳密な定義となります。

 

2018年8月現在、配合されている成分がオーガニック100%の日焼け止めサプリのなかで、メジャーなものは雪肌ドロップのみとなっています。敏感肌の人などは、オーガニックサプリを試してみるのもよいかもしれません。

日焼け止めサプリの一番安い入手先は?

インナーパラソル

関連ページ:日焼け止めサプリは安いだけで選んではいけない理由

[日焼け止めサプリ]市販のものは効果ある?

ドンキやマツキヨなどで市販されているDHCやロートなど大手のメーカーで、日焼け止め2大成分が入っているサプリメントはまだありません。

効果が得られる可能性が高いのは、ニュートロックスサンかファーンブロックが入っているものを選びましょう。

[日焼け止めサプリ]薬局(ドラッグストア)と公式サイトの料金はどっちが安い?

薬局(ドラッグストア)で一部、ニュートロックスサンやファーンブロックが含まれるサプリメントが置いてある店舗もありますが、コスパを重視するなら公式サイトがオススメです。

公式サイトから購入し、お試し料金を上手く活用してお得にサプリメントを手に入れましょう。

 

[日焼け止めサプリ]アマゾンと公式サイトの料金はどっちが安い?

ニュートロックスサンは少なくとも2か月は摂取しないと効果が明確に出ないと言われています。

紫外線対策は一朝一夕で行うものではないので、しっかり紫外線対策を行っていきたいなら、公式サイトで購入するのが一番お得です。

 

短期的に摂取してもニュートロックスサンの効果はあまり期待できませんが、もし1袋だけの購入を希望される場合は、値段的に見ればAmazonで購入される方が良いです。

 

ただ、商品偽装や記載されている通りにサプリを保管していなくてもわからないため十分な品質が保証されておらず、そういった点でも公式サイトが一番信頼できる購入元であることは変わりありません。

 

[日焼け止めサプリ]楽天と公式サイトの料金はどっちが安い?

通販大手の楽天では美容サプリなども多種取り揃えてあるため、ホワイトヴェール・やかないサプリ・サンタンブロック・ヘリオケアなども取り扱いがあります。

 

ただし、公式サイトとは違ってお試し料金がないため、お試し料金があるサプリは、楽天ポイントを考慮しても公式サイトから購入した方がお得に手に入れられます。

 

[日焼け止めサプリ]海外のものはどうなの?

このサイトでは海外製の商品に関して、アメリカ製のもの以外は比較対象に入れていません。

背景としてサプリの生産工場の安全性が信頼できるものではないからです。

 

[日焼け止めサプリ]アメリカ製のものは問題ない?

アメリカのサプリに関して、成分量の記載がないことが多いため、成分量を自分で把握できない危険性が常にあります。

ヘリオケアのファーンブロック配合量も日本人向けではないため、肌に疾患のある方を除きオススメしていません。

 

日焼け止めサプリにサンプルってあるの?

日焼け止めに関して、無料でのサンプルはありません。お試し(モニター)期間が設けられているサプリは多いので、そちらを活用していきましょう。

 

[日焼け止めサプリ]副作用や飲み方で気を付けるべきことは?

インナーパラソル

日焼け止めで効果が示されている2大成分、ニュートロックスサンとファーンブロックで、それぞれ副作用に関して気を付けるべきことがあります。またその他、美容サプリに含まれる成分にも注意しましょう。

関連ページ:日焼け止めサプリの飲み方とタイミングは即効性の有無で異なる!

 

日焼け止めサプリの考えられ得るデメリットとは?

妊婦はニュートロックスサンを飲んではいけない

まずニュートロックスサンの方ですが、こちらは妊娠中の方を除けば、副作用が症状として認められた事例はほとんどありません。

妊婦さんのみ、ニュートロックスサンを飲むのは控えましょう。

理由としては、ニュートロックスサンに含まれるローズマリーには「子宮を収縮させる作用がある」と考えられており、危険がないとは言い切れないためです。

 

ファーンブロックには副作用が存在する

ファーンブロックの方は副作用が出る可能性がやや高いと考えられております。

実際に海外の論文でもファーンブロックを摂取することで軽度〜中程度の胃腸障害や痒みを覚えた方もいらっしゃいます。

得られる効果のわりに、副作用が怖い方にはおすすめできません。

(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4928478/

 

えび・かにアレルギーの人は要注意

以前ホワイトヴェールに含まれていたN-アセチルグルコサミンという成分には、「えび・かにを含む」と記載されているため、アレルギーがある人は注意する必要があります。

 

現在、有名どころの日焼け止めサプリとして、雪肌ドロップにN-アセチルグルコサミンが含まれています。

Lシステイン(Lシスチン)は白髪を引き起こす可能性がある?

ホワイトヴェールなど一部日焼け止めサプリに含まれるLシステインですが、白髪を引き起こす可能性があると色んなサイトで書かれていますが、現状Lシステインと白髪が関連しているという論文などはありません。

 

結論としては、L-システインが白髪に寄与することはあまり考えられません。

単に、Lシステインのメラニン抑制ということから、こういった考えに繋がっている可能性があります。

メラノサイト(色素細胞)の中でメラニンがつくられる、最も初期の段階には、チロシナーゼという酵素が欠かせません。
このチロシナーゼの作用を抑えるのがL-システインです。L-システインは、ほかにチロシナーゼ自体の生成を阻害したり、皮膚の新陳代謝を促進しターンオーバーを活発にすることで、メラニンの排出を促したりします。

(出典元:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/component/

【日焼け止めサプリ】安全性と効果視点で論文をもとにランキング化!